【うつ病になっても安心な制度】うつ病の保険とは?

サイトメニュー

診察室

うつでも保険に入れる!

うつ病になってしまっても入れる保険があります。1つは引受基準緩和型医療保険です。持病があってもいくつかの質問に当てはまることがなければ加入できるというものです。

詳しく見る

看護師と患者

気になるお金のこと

うつ病になってしまっても、回復してから5年経過すれば通常の保険に入ることができます。回復してから5年以内でも、医師の証明があれば特別条件付で加入することが可能です。

詳しく見る

看護師

うつ病予防の仕方

うつ病を予防するにはまず、ストレスとためないことが重要です。ストレスを溜めないということは物事の見方をポジティブにしていく必要があります。うつ病になると入れる保険が限られてしまうことなどがあるので、普段からうつ病予防をしましょう。

詳しく見る

ハートと聴診器

うつ病の治療

うつ病の症状は憂鬱や落ち込みなどの心の症状と身体症状に分かれます。身体症状は頭痛や倦怠感、不眠などの症状が一般的です。治療方法は投薬と休息が一番です。ゆっくり休む為に公的控除や保険を最大限利用しましょう。

詳しく見る

うつ病で保険は適用?

医者

うつ病は日本人の国民病と言ってもいいほど、ストレス社会の中でポピュラーな病気になりました。「心の風邪」と呼ばれているうつ病ですが、風邪のように数日休めば治るというものではありません。うつ病の治療は長期に渡ることが多く、基本的に半年程度回復にはかかると言われていますし、再発の可能性も高い病気です。うつ病の為に民間保険に入りたいという人も多いかもしれませんが、入院が必要ない病気のうつ病は民間保険の対象にならないことが多く、医療費がかさむので大変と言われています。しかし、うつ病になった時には公的機関がサポートしてくれます。ですから「保険に入ってないのにうつ病になってしまった!治療費が払えない」と不安になることはありません。うつ病の場合は、しばらくの間生活できる程度には補助があります。公的扶助にはまず傷病手当金というものがあります。傷病手当金は最長1年半受け取れるもので、傷病によって仕事を休まなければならない時に給付されます。うつ病の原因は職場環境にあることが多いです。しかし、うつ病の際は大きな環境の変化がかなりの負担になることがあるので、おすすめされていません。休職などのときに傷病手当金を受け取りながら生活し、よくなってから復職を目指すも転職を目指すもいいでしょう。それ以外にも自立支援医療制度というものがあります。うつ病治療の際にかかる医療費は基本3割負担です。しかし、自立支援医療制度を利用すれば、1割負担で抑えることができます。「お金が無いから病院に行けない」という最悪の事態は防げますよ。うつ病以外にも自立支援医療制度が適用される精神疾患があります。統合失調症や躁うつ病、てんかん、認知症などにも適用されます。うつ病以外でも継続して通院が必要な状況に自分や家族がなってしまった時には利用できる便利な制度ですね。また、この自立支援医療は所得によって違いがあります。自分の所得では上限額がどうなっているのか確認してみましょう。保険とは違いますが、精神障害者保健福祉手帳というものもあります。精神疾患に継続的に日常生活に支障があると判断された場合に発行されます。住民税やバスなどの公共交通の運賃の割引など日常生活がしやすくなるものです。制度を活用することで、余計な不安をためずに、シッカリ休むことができます。

人気記事

診察室

うつでも保険に入れる!

うつ病になってしまっても入れる保険があります。1つは引受基準緩和型医療保険です。持病があってもいくつかの質問に当てはまることがなければ加入できるというものです。

詳しく見る

看護師と患者

気になるお金のこと

うつ病になってしまっても、回復してから5年経過すれば通常の保険に入ることができます。回復してから5年以内でも、医師の証明があれば特別条件付で加入することが可能です。

詳しく見る

看護師

うつ病予防の仕方

うつ病を予防するにはまず、ストレスとためないことが重要です。ストレスを溜めないということは物事の見方をポジティブにしていく必要があります。うつ病になると入れる保険が限られてしまうことなどがあるので、普段からうつ病予防をしましょう。

詳しく見る

Copyright© 2019 【うつ病になっても安心な制度】うつ病の保険とは? All Rights Reserved.