【うつ病になっても安心な制度】うつ病の保険とは?

サイトメニュー

うつでも保険に入れる!

診察室

うつ病は保険に入れない!と考えていませんか?家族の大黒柱がうつ病になってしまうとこれからの生活のことや子供の教育費等も考えて、保険に入っておきたいという人も多いかと思います。そういう方の為に、うつ病でも保険は加入できるのかということを解説していきます。結論としてはうつ病でも保険に加入することは可能です。しかし、保険の種類によっては加入しにくいものもあります。しかし、うつ病が多くなっているこの社会で、うつ病の方でも加入しやすい保険が出てきています。1つは引受基準緩和型医療保険です。保険に加入する時には必ず加入者の健康状態を告知し、加入できるかの審査があります。うつ病の場合、この審査で落ちてしまうことがあるのですが、この引受基準緩和型医療保険では健康状態の基準が緩和されていて、持病等がある人でも加入しやすくなっているのです。ですからうつ病の人でも入りやすい保険と言えます。引受基準緩和型医療保険では告知の際にいくつかの質問に答える事が多く、簡単な質問に全て当てはまらなければ加入できるという仕組みです。質問は主に現在入院していないか、3ヶ月以内に手術を勧められていないかなどの質問があります。しかし、この質問に当てはまることがなければ、加入できるというのは心強いですよね。しかし、デメリットもあります。この保険は加入基準を緩和している代わりに料金が割高になっていたり、最初の1年間の保障は少ない等です。ですが、うつ病の際に保険に入ることができないと考えると、入院保障や死亡保障もつくこの保険は加入しておく価値があると言えます。うつ病でも入院が必要な重度の場合は加入が難しくなってきます。また、うつ病以外の持病がある方も加入は難しいでしょう。このような場合は、無告知型保険というものを利用しましょう。無告知型とは、健康状態の告知する必要がない保険です。健康状態に関わらず加入できるので、とても便利です。基本的に加入できないことはありませんが、保険料は引受基準緩和型医療保険よりもさらに高額になることが多く、保障の支払い基準も厳しいので、そのあたりを理解して加入する必要があります。死亡保障は2年以上でないと適応されないことや1年以内には医療保障を受けられないという制約があります。この保険に入るのはかなりのリスクがあります。この保険に入らなくてはいけないほどの病状であることかつ、2年以上は何事もなく過ごせるというかなり稀なことがないと得しない保険なのです。病状をよく見極めて加入する必要があるでしょう。意外と知らない点としては、がん保険があります。普通の保険と違ってがんに特化した保険は、他の病気を考慮しないので、がんの可能性がなければ加入できることが多いです。万が一の病気といえば、がんが一番心配と考える人が多いのではないでしょうか?がんに備えたいなら、リスキーな医療保険に加入するよりもがん保険に加入したほうが安く安心かもしれませんね。このようにうつ病の方の保険は少し難しいですが、入れないというわけではありません。ご家族とよく相談してライフプランに合わせた保険を選んでみてはいかがでしょうか?

Copyright© 2019 【うつ病になっても安心な制度】うつ病の保険とは? All Rights Reserved.