【うつ病になっても安心な制度】うつ病の保険とは?

サイトメニュー

気になるお金のこと

看護師と患者

うつ病大国と言われてもおかしくないほど、うつ病が一般的な病気として認知されてきました。身の回りの人がうつ病になったことがあるという人も多いのではないでしょうか?しかし、家族にうつ病の人がいた場合、気になるのが保険のこと。うつ病になってしまった人が稼ぎ頭だった場合は、かなり心配になると思います。また、うつ病になって回復してからもいつから通常の保険にはいる事ができるのだろうと考えますよね。うつ病から回復したからこそ、これからの人生設計をしっかり見直していきたいという方もいると思います。ではどのくらいの期間が経てば、通常の保険に加入することができるのでしょう?うつ病と診断されてから、生命保険に加入するには完治してから5年以上経過している場合が基本的な基準となります。うつ病でない病気の場合も実は同様で、既往歴というのは5年までの申告と決められていますので、5年以上経過している場合は通常の保険に加入できます。また、5年以内であっても医師の証明がある時には可能な場合もあります。その場合は特別条件というものが設定されることがありますが、保険によって違いますので相談してみましょう。もし、今うつ病を患っていて金銭的に厳しいけれど保険に入っていない、もしくは保険の対象ではない時は、公的支援制度を利用しましょう。医療費の助成は自立支援医療制度、重度心身障害者医療費助成制度があります。どちらも症状や所得によって要件が違いますので、自分が該当するのかは各市町村で確認しましょう。また、生活費の助成については傷病手当金や障害年金、生活保護、特別障害者手当が受給できる可能性があります。更に税金が安くなる制度も充実しており、うつ病であれば、病状によって障害者控除や特別障害者控除をうけることができます。また、仕事が原因となった場合には、労災認定される疾患です。労災補償で様々な給付が受けることができますので、内容を確認しておくといいですよ。いざという時に様々な申請が必要です。どんな制度があるか知っておくだけでも安心に繋がるはずですよ。

Copyright© 2019 【うつ病になっても安心な制度】うつ病の保険とは? All Rights Reserved.