【うつ病になっても安心な制度】うつ病の保険とは?

サイトメニュー

うつ病の治療

ハートと聴診器

うつ病はよく起こる病気のひとつで、身体症状と心の症状が見られる精神疾患です。また、男性と女性では女性の方がなりやすく、5人に1人が一生のうち一度はかかる病気と言われています。身体に起こる不調としては、不眠がよく起こる症状のひとつで、倦怠感や頭痛という自律神経の不調も見られます。それだけではうつ病とわかりにくいですが、うつ病は心の症状のイメージが強いですよね。心にあらわれる不調としては涙もろくなったり、寂しい気持ちになったりすることが多くなります。自己否定も強くなり、自殺願望が芽生えることもあります。朝に一番症状があり、夕方に和らぐのも特徴のひとつです。うつ病の治療方法としては休息と薬物療法があります。しかし、身体の休息ではなく、心の休息にならなくてはいけません。休んでいることが苦になってくるようでは心が休まってはいません。休んで良いと本人が思えるような環境を作っていく必要があります。また、うつ病から回復するには時間がかかります。焦らずにゆっくりと治療していく必要があることを念頭においておきましょう。また、うつ病の症状が重い時には入院についても検討しましょう。また、自殺願望が強い場合にも入院することがあります。心と身体を両方いたわってよく休むことをしていきましょう。基本的には急性期と呼ばれる症状が強く現れる時期が6~12週間あります。服薬治療と休息がうまく行けば、4~9ヶ月で継続期という少しずつ良くなる時期に差し掛かります。この時に「よくなった」と自己判断で薬を止めたり、無理してしまうと再発したり、うつ病が長期化することがあるので焦らずに治療をしたいですね。この時期に公的な補助や保険などの申請をして控除を受けると生活の安心も得られてゆっくり休むことができます。また、1年以上たつと元の生活と同じような生活をすることができるようになります。1年というと長く感じますが、自分を労る期間だと思って過ごしましょう。

Copyright© 2019 【うつ病になっても安心な制度】うつ病の保険とは? All Rights Reserved.