【うつ病になっても安心な制度】うつ病の保険とは?

サイトメニュー

うつ病予防の仕方

看護師

うつ病の予防に効果的とされるコツを紹介していきます。そもそもうつ病になりやすい人の特徴として、なんでも悪く捉えがちな性格が多くあります。普通の人では何も感じないような場面でも嫌な事ばかり起こると感じ、ストレスになってしまうというものです。日々のストレスをためないためにも悲観主義を止めて、楽しい人生を過ごしましょう。1つの方法としてその日のよかったことを3つ書くというものがあります。1週間続けるだけでも効果があるというのだから驚きですよね。まず、悲観主義になってしまうという時には物事の悪い側面ばかりに目を向けています。ですから、物の見方が悪い方にいってしまい、ストレスになってしまいます。しかし、強制的によかったことを探すことで自然とよかった部分に目が行くようになるのです。この方法の面白いところは「毎日するよりも週2.3回が効果的」ということです。毎日行うと慣れてしまって幸福を感じなくなってしまうそうなのです。毎日続けなくていいと思うと気が楽ではありませんか?思いたった時に書くようにすると最も効果的ですね。手軽に始められるのでおすすめの方法です。うつ病を予防するコツとして「運動」も効果的だと言われています。座ったまま身体を動かさないことで、うつ病の発症リスクが高まっているということです。座ったままの生活スタイルは肥満やうつ病はもちろん、糖尿病やがんにも関係していると言われています。ですから、身体を意識的に動かしていきましょう。ほんの少しの運動でも効果がある事が証明されていますよ。ウォーキングやサイクリング等の有酸素運動はセロトニンの分泌を活性化させます。セロトニンといえばうつ病の改善に効果的な成分として有名ですよね。また、運動することによってエンドルフィンという成分も分泌されます。脳内麻薬とも呼ばれるエンドルフィンは幸福感が得られる成分です。しかし「運動ってだるそう」と躊躇していませんか?実は、運動というとランニングや球技などのハードな運動をイメージしがちですがそうではなく、ちょっとした家事や通勤などの運動でもいいのです。1週間に1回の運動でも効果があると言われています。まずは、ちょっとした散歩などから始めてみましょう。良い気分転換になるはずですよ。うつ病になってしまうと保険に入りにくくなったり、医療費がかさんだりと様々な不都合と長期的に付き合っていかなくてはいけなくなります。うつ病にならないようにしっかり予防していきましょうね。

Copyright© 2019 【うつ病になっても安心な制度】うつ病の保険とは? All Rights Reserved.